アイルランドへ語学留学される方の、ビザ(査証)や滞在許可、外国人登録などの各種手続きについてご説明いたします。

【注意】

現在いろいろなサイトで情報を入手できますが、個人ブログや古い情報、間違った情報のコピペ等々信憑性に欠けるものも見かけます。

正しい直近の情報を入手するためには、まず正規の情報源へアクセスすることをお勧めします。

→GINBのご予約はこちら

アイルランドINIS 「語学留学での滞在許可とGNIB登録について」

buffer-1143485_1920

日本国籍の方がアイルランドへ入国する際、事前にビザを取得する必要はありません。

入国の際空港の入国審査にて滞在許可(在留資格)のスタンプが押され、その有効期限は通常1ヶ月から3ヶ月です。

アイルランド入国の際

語学留学をする日本人は、入国審査の際に下記の書類を提示する必要があります。

  • パスポート
  • 語学学校の入学許可証
  • 学費をすでに支払い済みであるという証明
  • 英文残高証明証 (3ヶ月以上滞在する方のみ)
  • 帰国便のEチケットコピー

外国人登録(GNIB)

アイルランドに3ヶ月以上滞在する場合、入国管理局GNIB (Garda National Immigration Bureau) にて外国人登録が必要です。ここでは書類記入、顔写真撮影、指紋採取が行われます。当日、写真付きのGNIBカードが発行され、パスポートに期限が延長された滞在許可スタンプが押されます。

◆GNIB予約方法

2016年9月よりオンライン予約となりました。予約の際にパスポート番号が必要です。現在予約が大変混み合っている状態ですので、入国後すぐ予約することをお勧めします。→GNIB予約はこちら

◆GNIB必要書類

必要な書類は下記の通りです。

  • パスポート
  • 申請料300ユーロ (カード払い)
  • 語学学校の入学許可証
  • 医療保険加入証明証(滞在期間をカバーしたもの)
  • 住所証明書
  • 英文残高証明書

滞在期間6ヶ月未満の方・・滞在月×500ユーロを証明する日本の銀行の英文残高証明書  (例) 4ヶ月の方は2,000ユーロ

滞在期間6ヶ月以上の方・・アイルランドで銀行を開設し、その銀行から3,000ユーロ以上の英文残高証明書

滞在期限の延長について

語学学校の生徒としてアイルランドに滞在する場合、滞在期限は最長8ヶ月です。これを超えて滞在を延長したい場合は、期限が切れる前にGNIBで延長手続きが必要になります。語学学校の生徒としてのアイルランド滞在は、最長2年です。(2017年4月現在)

◆滞在延長のGNIB予約方法

2016年9月よりオンライン予約となりました。予約の際にパスポート番号が必要です。現在予約が大変混み合っている状態ですので、早めの予約をお勧めします。→GNIB予約はこちら

◆滞在延長のGNIB必要書類

必要な書類は下記の通りです。

  • パスポート
  • 申請料300ユーロ (カード払い)
  • 学校の入学許可証
  • 学校の出席率の証明書 (85%以上)
  • 医療保険加入証明証(滞在期間をカバーしたもの)
  • 学費をすでに支払い済みであるという証明
Advertisements